パネル: 取引と投資の技術 #bbtokyo2018

(※あまり意味の通る文章として起こせなかった...) 仮想通貨の成長と急増は、この領域に多くの熱狂者を生み出しました。パネルは、取引 / 投資の違い、続いてこれらに伴う機会を議論します。 Moderator: Jonathan Ha, CEO, Red Pulse John Burbank, Founder…

パネルディスカッション: 未来のプロトコル #bbtokyo2018

世界の仮想通貨マーケットは今や3400億ドル規模になっています。銀行が、企業が、政府が次々と独自のブロックチェーンプロジェクトを実施すると発表しています。これはビジネスの世界でブロックチェーンの合法性がますます増していることを示す有望な兆候で…

トークンの未来 #bbtokyo2018

暗号化資産クラスの今日までのトレンドと今後20年間に迎える終盤戦のマクロ的概況 ハードデータ及び取り組み事例を使ったフランクの講演から、どのようなインフラがトークン化を制度化するのに必要かを明らかにしていきます Brave New Coin 共同創設者兼CEO …

[Steady Baby!] 安定した暗号通貨、現状のアプローチ、タイムライン、機会の必要性 #bbtokyo2018

[Steady Baby!] 安定した暗号通貨、現状のアプローチ、タイムライン、機会の必要性 エイランド・グローバー(Eiland Glover)/Kowala 共同創設者兼CEO [Steady Baby!] 安定した暗号通貨、現状のアプローチ、タイムライン、機会の必要性 暗号通貨は他の…

[基調講演]分散型取引所 #bbtokyo2018

分散型取引所は、中央集権型取引所で現在抱えている全ての課題を解決してくれるだろうか Moderator: Masa Keith Nakatsu ロイ・ルー(Loi Luu)/Kyber Network 共同創設者兼CEO ファビオ・カネジン(Fabio Canesin)/NEX 共同創設者 Katsuya Konno, Chief …

[基調講演]NEX #bbtokyo2018

この基調演説においてNEX共同設立者のFabio Canesinは、先端的取引形態とユーザーのシンプルな経験とを組み合わせることで分散型アプリケーションへのアクセスの問題がどのように解決されるのかを論じます。 NEX 共同創設者 ファビオ・カネジン(Fabio Canes…

パネル: ICOの次世代 #bbtokyo2018

Tokenization of Real Businesses. The first of it’s kind was Kik. Then came Telegram, Kodak and even KakaoTalk has made headlines. Join us for a panel of leading entrepreneurs and their path to launching a reverse ICO. Moderator: Alex Shin,…

基調講演: シェアリングエコノミーの新しい世界 #bbtokyo2018

今日シェアリングエコノミーは大きな話題となっており、数十億ドル規模の企業がシェアライド、シェアハウス、シェアオフィスなどを提供しています。しかしシェアリングエコノミーの概念自体は決して新しいものではなく、ほとんどの人が村落に住み、共同体の…

[パネルディスカッション]ブロックチェーンの現実世界への適応性 #bbtokyo2018

ブロックチェーンの世界は、今年R&Dの領域から抜け出し、目を見張る進化を遂げています。パネラーの方々が携わる業界やビジネスがよりよくなるために、どのようにブロックチェーンが使われているか、実際の事例をお聞きください。 Moderator: Masa Keith Nak…

[パネルディスカッション]ICO vs. VC #bbtokyo2018

暗号通貨は、立ち上げ資金融資の新しい手段 ICO として世界中で導入されはじめている。既に何十億ドルもの資金へと姿を変えてきている一方で、障害や詐欺、伸び悩みなどが起こる不確かなエリアでもある。ICOは、従来のVC投資と何が違うのだろうか。 モデレー…

Keynote Session: Liberalism and the Blockchain (ブロックチェーンの自由化) #bbtokyo2018

Dr. Patrick M. Byrne explains that for thousands of years mankind has been trading money for goods creating a third-party dependency. Using the Blockchain allows people to trade with each other in a trust-less fashion (with no intermediary…

キーノートセッション: 従来型マネー、その仮想通貨への転換 #bbtokyo2018

Passportでは、市場は長期的な世俗的傾向の良いディスカウンターではないと考えています。特に歴史的前例がないときはそうです。加えて現実的にリターンを生み出すためには、かつてなかったことのないことに投資する必要があります。ブロックチェーン技術は…

基調講演: ブロックチェーンの歴史、ブロックチェーンの未来とその課題 #bbtokyo2018

ビットコインはブロックチェーンに基づく最初で最後の通貨なのでしょうか? ビットコインに続く仮想通貨が取り組むべき課題は? ブロックチェーンとはどんなものなのでしょうか? ブロックチェーン技術は現在どのように応用されている? 次世代のブロックチェー…

基調講演: Mobiusとブロックチェーンベースの決済ソリューション #bbtokyo2018

多くのブロックチェーン企業とは異なり、Mobiusはトークンセール以前に実稼働製品を所有しており、既存企業によるブロックチェーンベースの決済受け入れを可能にするユニバーサルAPIが、数多くのメディアで記事として取り上げられると同時に、「DApp Store」…

[基調講演]チーム作り – 信頼か才能か – #bbtokyo2018

Quantstampは、イーサリアムスマートコントラクトのブロックチェーン公開前にその脆弱な箇所を発見するために設計された初のスケーラブルなプロトコルである。このくつろいだ会話においてRichard Maは、最近Y Combinatorを去ったチームについての彼の見解を…

[基調講演]教育におけるブロックチェーン #bbtokyo2018

ブロックチェーンが教育業界に革命をもたらすということについて、Indorse社CEOトーベカー氏が知見を共有する。ブロックチェーンベースのデジタル認証をNgee Ann Polytechnicで試験的に用い、そのアイディアをIndorse社で進化させたという自身の経験について…

[基調講演]WanChain #bbtokyo2018

WanChainは、世界規模の公開ブロックチェーン・プラットフォームにおいて、最も認知度が高く、信頼できるひとつへと成長を遂げました。WanChainでは、将来的にすべてのチェーンをつなぐことができるクロスチェーン・プロトコルの提供を目指しています。一方…

パネルディスカッション:アジア市場でのガバナンスの役割 中国、韓国、シンガポール、日本における議論 #bbtokyo2018

beyondblocks.com Moderator: Abasa Philips Alex Shin, Chief Business Officer & Partner, Hashed Bo Wang, Founder & CEO, Delphy Foundation Joshua Ho, Co-Founder, QCP Capital Natavudh “Moo” Pungcharoenpong, Co-CEO, SIX Network Masa Keith Nakat…

基調講演]日本の現状 ブロックチェーン全体に関する進展の概況 #bbtokyo2018

beyondblocks.com Yuzo Kano, Co-Founder & CEO, bitFlyer, Inc. 基調講演]日本の現状 ブロックチェーン全体に関する進展の概況 bitFlyer代表取締役加納です 今日は日本の法律についてお話したいと思います。 規制と言うときは、日本の規制だと考えて下さい…

XcodeからショートカットでDerivedData消せるようにした

Xcodeがなんだかおかしい時にTerminalから rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData/* && rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/Snapshots/* したりします。 ※あと全然やったことがなかった人は、 これをやってみると2桁ギガぐらいハードディスクが空いた…

開発者ツールと経験への時間投資 | try! Swift Tokyo 2018 Day2-17

開発者のツールと経験を向上させるためのアイディアを探すにはどうすればよいでしょうか?新しい開発ツールを作成するか、開発プロセスを調整することで、日々の開発における共通の苦しみとその改善方法を見ていきます。 10倍の開発者がいるなら、その人は他…

VisionとCoreGraphicsで顔をデカくする | try! Swift Tokyo 2018 Day2-16

タイムテーブルにありませんが1件ライトニングトークがあります。 VisionとCoreGraphicsで顔をデカくする Timersのアプリには顔を大きくする機能がついています。 突然、1週間で顔を大きくする機能を作って欲しいと言われました。 顔の領域がわかれば大きく…

型とパフォーマンスで見るType-erasureの利点 | try! Swift Tokyo 2018 Day2-15

2016年のtry! Swiftで紹介されてから誰もが知るところとなったType-erasure、これを採用するメリットを型とパフォーマンスの面から紐解きます。また、stdlibのAnySequenceの実装をヒントに、効率が良くパワフルなType-erasureの実装を探っていきましょう。 …

Swiftが動くDockerコンテナの各OSの性能比較 | try! Swift Tokyo 2018 Day2-14

Swiftがオープンソースとして公開されてLinuxサポートがされてから数年経ち、サーバーサイドSwiftの導入・運用事例が増えてきました。その間にもSwiftはアップデートされ続けていて、Swiftのバージョンを複数の開発・運用マシンで揃えることのコストが高くな…

UIImageView vs Metal | try! Swift Tokyo 2018 Day2-13

MetalはGPUへのアクセスを提供するAPIで、OpenGLより10倍速いという謳い文句で登場しました。本セッションではMetalの基礎を解説しつつ、そのグラフィックス描画性能をUIImageViewと比較してみます。 MetalのAPIを直接利用する機会がなくても、Metalはあなた…

iOS / Swift における対話型インターフェースの作成 | try! Swift Tokyo 2018 Day2-12

アプリで対話型インターフェースを実現するための最新技術を紹介します。AppleのAPIとAmazon Lexのような他社の技術による音声認識を見てみましょう。また、音声再生における別なストラテジーについても紹介します。さらに、アプリで対話型インターフェース…

Codableが導く型安全な世界 | try! Swift Tokyo 2018 Day2-11

CodableはAPIのレスポンスをマッピングするためだけの機能ではありません。Codableは様々な場面で利用でき、ソースコードを型安全にすることができます。このLTではCodableをフル活用するためのアプローチや、よりアグレッシブなCodableの活用方法をご紹介し…

デジタル信号処理 in Swift | try! Swift Tokyo 2018 Day2-10

デジタル信号処理の分野に潜って、Apple の Accelerate framework が高速フーリエ変換を使ってどうやってオーディオ周波数を特定しているのかを見てみましょう。Swift のような強力な言語でオーディオサンプリングレートを分解する方法を対話的なデモを通し…

Swift5のOwnershipに備える | try! Swift Tokyo 2018 Day2-9

Ownership(所有権)は今年後半に登場予定のSwift5で追加される機能です。ABI安定化に向けても重要な機能ですが、Ownershipを使いこなすことでメモリコピーを減らすことができ、プログラムのパフォーマンスを向上させることができると期待されます。本セッショ…

Swift エンジニアのための Kotlin 入門 | try! Swift Tokyo 2018 Day2-8

Kotlin は JVM に書かれた関数型言語です。あなたのAndroid開発者の友達は、この言語の登場をとても喜んでいることでしょう。Swiftとの共通点が多いこの言語を学ぶことで、Android チームのメンバーとコミュニケーションが取りやすくなります。Swiftの視点か…