読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pixcels、プロセスと情熱 | try! Swift Tokyo 2017 #tryswiftconf Day1-5 聞き起こし

try! Swift Tokyo 2017

twitter.com

This talk will be about all the in-between stuff when it comes to building products. Focusing on the process rather than the outcome and letting passion and people be the driver. I will tell about my latest personal project and how i’ve learned to fall in love with problems rather than a solutions.

この講演では、プロダクトを作るようになる際に中間の要素について説明します。 結果ではなくプロセス、そして情熱と人を駆動力にすることに焦点を当てます。私は最新の個人的なプロジェクトと、どのように解決策ではなく問題に恋するようになったかをお話しします。

Pixcels、プロセスと情熱

f:id:niwatako:20170302123946j:plain

昨日コペンハーベンから来ました。

f:id:niwatako:20170302124002j:plain

プロダクトデザイナーです。大企業の製品から自分のアプリまで。

f:id:niwatako:20170302124031j:plain

12歳で作った最初のサイトです。HTMLとCSSでコピペをしながら作っていきました。

f:id:niwatako:20170302124053j:plain

それからモバイルアプリを作り始めました。 ポケットに入れて持って帰っておじいちゃんやおばあちゃんと楽しめるような物を作りたかった

f:id:niwatako:20170302124125j:plain

友達と作りました

アプリを作ってものを流していくということを学びました。App Of The Awardをいただいた。

f:id:niwatako:20170302124155j:plain

デザイナーとして大きなものも小さなものもシリアスなものもくだらないものも作ります。

f:id:niwatako:20170302124213j:plain

目に見えるものをデザインと言いますが、製品デザインになると考えることが増えます。タブが多くないか、パスワードを忘れたらどうなるのか…

f:id:niwatako:20170302124242j:plain

ですが今日はデザインの話はしません。コードは出てきません。

ここ数ヶ月冒険をしたので学びをお話します。

f:id:niwatako:20170302124303j:plain

2015年11月にロンドンのハッカソンに行ってきました。

このチームで2位をいただきました。社会不安を乗り越えるStepというアプリを作りました。暴露療法、じぶんを晒す方法ですが、高価で誰でも出来る方法ではない。アプリで手伝えないか、技術で人を変えられないかとテンションが上りました。

ハッカソンでこうした活動をしましたが、モチベーションを高く持ち続けることは難しく、チームメンバーは離れ、私のモチベーションも下がりました

f:id:niwatako:20170302124438j:plain

しかし興味はありました。しかし興味はあり、自分で実験をしました。ハイタッチ、ダンスといった取り組みをしたり、それをブログに書いたりFacebookグループに書いたり。

f:id:niwatako:20170302124523j:plain

f:id:niwatako:20170302124524j:plain

全く知らない通りすがりの人とハイタッチ

Webに書いていたらメッセージが届くようになった

f:id:niwatako:20170302124537j:plain

自分たちでやってみようという方も出てきました。

何か人を変えられるのではないかという気持ちが湧いてきたのです。

f:id:niwatako:20170302124612j:plain

2016年にイタリアの会議でデザインについて話しました。

ナターシャと出会い、ここに呼んでくれました。ここでの会議は非常に大切になる人とも出会いました。今日もいらっしゃっています。ファビアンです

誰かが自分のブログを読んで自分に声をかけてくれるのはとても嬉しかった

f:id:niwatako:20170302124658j:plain

そしてファビアンは一緒に何かできないかということを考えてくれました

f:id:niwatako:20170302124717j:plain

そしてStepsを100%リモートで作り上げることになりました。これは私が最初に送ったデザインです。素早くやって、出してみて、前進するという方法をとています。

f:id:niwatako:20170302124757j:plain

非常に上手くできて一緒にコペンハーゲンに引っ越してアプリを出した

f:id:niwatako:20170302124808j:plain

ストアでもフィーチャリングされました

f:id:niwatako:20170302124823j:plain

ローンチしたことで沢山のフィードバックが届きました。

f:id:niwatako:20170302124835j:plain

アプリを使って本当にワクワクしました。私だけがこの課題を抱えているというわけではない事がわかるから

f:id:niwatako:20170302124912j:plain

今後は精神科医などの専門家にジョインしてもらって、適切なものをユーザーに提供したいと思っています。

皆さんの中にもいらっしゃったらぜひ協力して下さい

f:id:niwatako:20170302124944j:plain

教訓

f:id:niwatako:20170302124948j:plain

課題に注目する。そうすると人の注意をひくようになり前進した

f:id:niwatako:20170302125017j:plain

大変なのは技術ではなく人。モチベーションを持ってもらって、チーム・プロジェクト・外の人々がハッピーになることが大事な課題

f:id:niwatako:20170302125051j:plain

ネットワーキングが大事。自分のコネを同意かすか考え中ですが、常に誰かにお願いしていかないといけない。Storeに出せたことは皆さんの力があってのこと。

皆さん喜んで手を貸してアドバイスをくれる。

f:id:niwatako:20170302125125j:plain

コンフォートゾーンを出てみるということも大事です。ハッカソンに参加するとか、隣の人と話すとか

f:id:niwatako:20170302125148j:plain

ぜひいつでも声をかけて下さい、メール下さい、ツイートして下さい

みんなの反応

もっと反応を見る

togetter.com

気に入った記事は はてなブックマーク

はてなブックマークアプリiOS開発チームから来ました!はてなブックマークにはSwift特集があります!良い記事を見逃さないように、ご利用ください!

http://b.hatena.ne.jp/hotentry/it/Swift

そして良い記事があったらはてなブックマークでブックマークしましょう!

try! Swift の記事で盛り上がると嬉しいです!