VRの革新と新たなユーザー体験 (LT) | try! Swift Tokyo 2017 #tryswiftconf Day2-4 聞き起こし

twitter.com

拡張現実(AR)と360度シューティング技術はゲーマーや高価なパイロット訓練室を超越しています。現実のアプリケーションは、顧客と接する新しいチャネルを提供し、新しい体験を提供し、すでに複数の業界で実現されています。では、いくつかのエキサイティングな事例を見ていきましょう。

VRの革新と新たなユーザー体験

f:id:niwatako:20170303120502j:plain

VRをゲームなど意外に何に使えばいいでしょうか

モバイルヘッドセットを活用したVRアプリケーション開発が可能です。

ティム・クックはARは魅力的で将来性があると言っています。

ニュースに寄ると来年新しいAR製品をAppleがリリースするかもしれません。

アリババはVRショッピングを出しました。New Yorkの店舗へ行って買い物ができます。

f:id:niwatako:20170303120607j:plain

終わってから商品を配送します。

f:id:niwatako:20170303120643j:plain

不動産探しは時間とコストがかかります。そこにVRを採用できます。

母国ラトビアの会社ではトップ不動産にそうしたソリューションを導入しています。

不動産の担当者は360度写真を撮影してクラウドに保存し、お客様がiOSアプリをダウンロードしてカタログを見ることが出来る。

有名自動車ブランドはVRショールームを発表しました。

f:id:niwatako:20170303120742j:plain

テストドライブなども出来ます。

VR体験を携帯にダウンロードして家族に見せることが出来る。

ディーラーは店舗のスペース削減ができる。

VR放送、動画も人気です。

f:id:niwatako:20170303120836j:plain

NewYoakTimesのVRアプリをぜひご検討下さい

東京工業大学ではVRスケボー

f:id:niwatako:20170303120909j:plain

ケガを避けられる

f:id:niwatako:20170303120938j:plain

もっと詳しい記事を書いたのでぜひみて下さい