読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバサイドSwiftの実例 (LT) | try! Swift Tokyo 2017 #tryswiftconf Day2-10 聞き起こし

twitter.com

http://nsdateformatter.com/ というサイトを知っていますか?オンライン上でNSDateFormatterを試せる面白いサイトです。私はこれの影響を受けてNSURL版( http://nsurl.serversideswift.net/ )を作成しました。また、自作のライブラリもブラウザ上で触れるようにしています。( https://stringfilter.herokuapp.com/ ) VaporやBluemixのおかげでこの種のサイトは驚くほど簡単に作れます。是非やってみましょう!

サーバサイドSwiftの実例

f:id:niwatako:20170303153348j:plain

ServersideSwiftは使っていますか?

なぜやるか?

そこにあるから!

多くの人はやっていないという。何故?

特に使う理由がないということだと思います。

非常に安定した他の言語が存在します。

今日は、まずはじめてみようという話しをします。

f:id:niwatako:20170303153439j:plain

ライブなExampleになっていますね。

f:id:niwatako:20170303153508j:plain

どんなものが出来るでしょう

f:id:niwatako:20170303153515j:plain

f:id:niwatako:20170303153531j:plain

やってみたいですか?

実装についてお話します。

f:id:niwatako:20170303153550j:plain

よくVaporを使っています。Xcodeで編集してDockerのUbuntuで使っています。Linuxだけで起きるエラーがあるので。

Vapor Templateで

f:id:niwatako:20170303153634j:plain

f:id:niwatako:20170303153641j:plain

f:id:niwatako:20170303153648j:plain

f:id:niwatako:20170303153656j:plain

InputをUppercase文字列に変換します。

テンプレートから作ります。

f:id:niwatako:20170303153717j:plain

f:id:niwatako:20170303153745j:plain

f:id:niwatako:20170303153754j:plain

packageSwiftを編集して

f:id:niwatako:20170303153812j:plain

Major Version0

モデルを変えます。

f:id:niwatako:20170303153826j:plain

f:id:niwatako:20170303153836j:plain

テストします

OutputがHTML

f:id:niwatako:20170303153856j:plain

f:id:niwatako:20170303153857j:plain

Dockerでテストを実行します

f:id:niwatako:20170303153911j:plain

実行します。

f:id:niwatako:20170303153935j:plain

簡単にHerokuへデプロイ出来ます

f:id:niwatako:20170303154004j:plain

f:id:niwatako:20170303154025j:plain

是非試してみて下さい