XcodeからショートカットでDerivedData消せるようにした

Xcodeがなんだかおかしい時にTerminalから

rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData/* && rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/Snapshots/*

したりします。

※あと全然やったことがなかった人は、 これをやってみると2桁ギガぐらいハードディスクが空いたりします。

これを、都度Terminalを開かずにXcodeから実行できるようにしました。

Xcodeメニュー→Behaviors→Edit Behaviors

f:id:niwatako:20180329143729p:plain

左下の + ボタンで新しいBehaviorを追加してスクリプトを実行するようにします。

f:id:niwatako:20180329143843p:plain

実行しているスクリプトはこのようなものです

#!/bin/bash
rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/DerivedData/* && rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/Snapshots/*
osascript -e 'tell app "Xcode" to display dialog "DerivedData deleted." buttons {"OK"} '

DerivedDataを消したらダイアログで教えてくれます。

ショートカットは、 Command + D とか Command + Control + D とかはショートカットを設定しても動かなかったので Command + Esc に設定しています。