基調講演: Mobiusとブロックチェーンベースの決済ソリューション #bbtokyo2018

多くのブロックチェーン企業とは異なり、Mobiusはトークンセール以前に実稼働製品を所有しており、既存企業によるブロックチェーンベースの決済受け入れを可能にするユニバーサルAPIが、数多くのメディアで記事として取り上げられると同時に、「DApp Store」のGoogleランキングで1位を獲得しました。 また、データの未来に革命をもたらすプルーフ・オブ・ステーク・オラクル・プロトコル (PSOP) に関する2件の特許を出願中です。さらにMobiusは、他のブロックチェーン企業が、いずれもERC-20でトークンの構築を行う中、それらとはかなり一線を画す考えを持って、StellarでMOBIトークンを構築する決定をしました。 Mobiusはそれ以降、3,900万ドルのトークンを完売し、KYC/AMLの登録者数は58,000人超に達して、2017年第4四半期および2018年の最も成功したトークンセールのひとつとなりました。

Cyrus Khajvandi, COO and Co-Founder of Mobius

基調講演: Mobiusとブロックチェーンベースの決済ソリューション

f:id:niwatako:20180404143805j:plain

f:id:niwatako:20180404143807j:plain

今日は

f:id:niwatako:20180404143816j:plain

についてお話します。

まずは変遷。何を解決するのか。どんな分野をやっていくのか、同前進するのか

至って簡単なことをしています。 ビジネスが簡単にコネクトする、それをブロックチェーンのペイメントシステムで実現する。

暗号通貨を手放さない人が多い。

コインが使われていないのが現状です。そういう背景があって、またスケールの問題もありますね。

f:id:niwatako:20180404143936j:plain

トークンをどのようにゲームを使うかという我々の課題から始まりました。

FlappyBirdに取り組みました。Ethereumも使ってこれができるわけですが、スケールとかドメインエキスパート性とかを気にせずにできるように話します。

ブロックチェーンのストライプをまず作りました。2017年初旬でした。サーバーを必要最低限にしてブロックチェーンを運用するソリューションなのですが、どうすればペイメントシステムが観測されるかを専門家と話してコードを書いてトークンを使っています。

ERC20トークンを使っています。スケーリング問題もありました。Ethereumノードを使うととてもお金がかかって複雑になるわけです。どのブロックチェーンを使っても同じです。トークンの処理に時間がかかるわけです。

この問題を最小限に食い止めるのが私達のテーマでした。

f:id:niwatako:20180404144157j:plain

私たちは幸運でした。デイビッドがInvester第一号になった。それで私達の商品を検証できた。

f:id:niwatako:20180404144326j:plain

彼は東アフリカの人です。アフリカでは年俸4000ドル以下です。ナイジェリアの殆どの人は農業に携わっています。

f:id:niwatako:20180404144417j:plain

彼は、暗号通貨ベースでの支払いを誰からも受けられるシステムを作った

もっと素晴らしいのは一万八千以上のゲームを作った?Mobiusを使って?ナイジェリアの平均収入を一発で上回る

中国にも売った。

f:id:niwatako:20180404144550j:plain

ブロックチェーンが何を可能にするかこれを通して我々に教えてくれた

f:id:niwatako:20180404144626j:plain

去年ローンチした

どういうふうにMobiusが紐付いているのか、どれがスマートコントラクトを受け付けているかこれを見て分かるかなと思います。

f:id:niwatako:20180404144716j:plain

f:id:niwatako:20180404144828j:plain

今後のブロックチェーンにどうあって欲しいか

f:id:niwatako:20180404144954j:plain

Ethereumは?1秒あたり7トランザクションしか捌けません。

新しい言語を作ろうと思っていたわけです。オンラインの取引所、MtGoxがありましたが、最初に勝つのはゲームではないかと考えました。

そう考えてCryptoKittieを作りました

f:id:niwatako:20180404145146j:plain

ミッションクリティカルアップがブロックチェーンを介して大きくスケールアップできた例であります。スピードを落とさずにできた。

これがグラフです

f:id:niwatako:20180404145223j:plain

買おうとするとどんどん時間がかかるようになった

壊さずに?どうやってゲームが作れるか

今はどういうプラットフォームコストがあるかこれを見てみましょう

f:id:niwatako:20180404145318j:plain

Xはトランザクション時間、Yは手数料

ビットコインはデジタルゴールドを作るミッションた達成していると思います。

他にもここにはプラットフォームがあります。コモディティといえるものもあります

2つのカテゴリに分けられると思います。

プロジェクトプラットフォームと、お金のやり取りのプラットフォーム。このプラットフォームを作ることがまず大事でした。

ここでは何が大事かというと、コンシューマ向けにすることを考えてStellarにしたわけです。

料金はほぼゼロです。NEOも似たようなものを持っています。いろいろな意見がありますが、NEOでは最大1万2千ドルぐらいかかると言われている。

とにかくすぐにプロダクションに適用できるプラットフォームがMebius, Stellarがあるわけです。安価で早くセキュアでなければならない。ですので、これから次のレベルへ上がっていこうと思っている。分散型のマーケットプレイスを作ろうと思っています。

f:id:niwatako:20180404145638j:plain

向こう10年で何が起こりそうかというと、P2Pではそれほど進化はないかと思いますが、ロボットやマシンが間に入って自動化されたデータ転送、の分野が成長すると思っています

f:id:niwatako:20180404145707j:plain

Crypto経済はこのような頭になると思います。

データが高品質でIssureanseを付けてトランザクションを発行する、その価値が=Mebiusになる。Oracleと組み合わせることで実現すると思っています。

Oracleはデータソースからデータを取ってきてブロックチェーンに移送する

f:id:niwatako:20180404145838j:plain

我々は課題があると思っている。我々のプロトコルは中央管理されている。

中央で一元化しすぎると問題が起きる

ブロックチェーンはコンセンサスがあるトランザクションで信頼を気づいている。

より平等にしっかりしたシステムにするために それはいわゆるIOTAの仕組みに似ているがSCPの上に何をしたかというと

Dataがマッチしなければ転送しにくくする

f:id:niwatako:20180404150001j:plain

これがコンセンサスアルゴリズムです。これが働くほど信用度とセキュリティがアップします。

f:id:niwatako:20180404150053j:plain

2018年1月10日に危惧することがありました。トランザクションあたり4ドルまで上がった時にびっくりしました。ネットワークの渋滞がひどくなるほど手数料が上がる。

Ethereumのアーリーアダプタの一人であるが、この点は改善していただきたいと思っている。

Proof of Stake Oracle Protocolが何を目指しているか

f:id:niwatako:20180404150236j:plain

一番の問題はOracleだと思っています

システム、データ自体の信用性をあげなければなりません。

通貨も選べるようにされています。

ここで大事な部分は、どこかというと、支払いですが、不安定性を恐れる人たちが多くの人たちです。どういうオプションを求めているかというと、不安定性のない暗号通貨をみなさん求めているわけです。一方で安定通貨もそれで問題を持っている。

ソリューションをもう少しでリリースできる

PSOPのブロックチェーン支払いはどのように使われるか

f:id:niwatako:20180404150416j:plain

f:id:niwatako:20180404150423j:plain

質問

トランザクションコストの話が出ました。なぜ低いかは、もっと複雑だから掛かる、あなたのは複雑じゃないからかからないということですか

コンセンサスアルゴリズム次第のところもありますが、PoWにもとづいていると時間が立つに連れ計算も多くなるしハードは高額になります。維持するにはお金がかかるわけです。アーリーアダプタは大きなメリットを持っていて、すでに大きなデルタが生じているわけです。

PoSをやっている人たちにも大きなメリットが訪れます。セキュリティ手数料など

Mebiusではどのノードを信頼するか選定できるので管理されたシステムでそれ故セキュリティがしっかりしている。ノードの間で喧嘩が起きればコンセンサスは降りずに決済は生じない仕組みになる。