寄付窓口はこちら

【対訳】FATF勧告 - 仮想資産の規制 (FATF Recommendations Regulation of virtual assets) 2018/10/19

f:id:niwatako:20181118232503p:plain Documents - Financial Action Task Force (FATF)

対訳

Paris, France, 19 October 2018 - Virtual assets and related financial services have the potential to spur financial innovation and efficiency and improve financial inclusion, but they also create new opportunities for criminals and terrorists to launder their proceeds or finance their illicit activities.

フランス、パリにて、2018/10/19 - 暗号資産と関連する金融サービスは、金融の革新と効率化を促進し、ファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂= 貧困層に正規の金融取引ができるように改善する解決策を提供すること )を改善する可能性を持っていますが、犯罪者やテロリストが収益を洗浄したり違法行為の資金を調達する新たな機会も創出します。


The FATF has therefore been actively monitoring risks in this area, and issued guidance on a risk-based approach to virtual currencies in 2015. There is an urgent need for all countries to take coordinated action to prevent the use of virtual assets for crime and terrorism.

したがって、FATFはこの分野のリスクを積極的に監視しており、2015年に、仮想通貨に対するリスクベースアプローチ(リスクに着目して、そのリスクに応じた対策をとる)に基づいたガイダンスを発行しました。犯罪やテロリズムに対する暗号資産の使用を防止するために、各国が協調して行動を取ることが緊急に必要です 。


The FATF Recommendations set out comprehensive requirements for combating money laundering and terrorist financing that apply to all forms of financial activity—including those that make use of virtual assets.

FATF勧告は、暗号資産の利用を含むあらゆる形態の金融活動に適用される、マネーロンダリングとテロ資金供与を防止するための包括的な要件を定めています。


However, governments and the private sector have asked for greater clarity about exactly which activities the FATF standards apply to in this context.

しかし、政府と民間セクターはこの文脈において、FATF基準を厳密に何に適用するかについてより明確にするよう求めています。


The Risk-based Approach requires jurisdictions to identify money laundering and terrorist financing risks and take appropriate action to mitigate those risks.

リスクベースアプローチは、国や地域が、マネーロンダリングとテロ資金供与を特定し、リスクを緩和するために適切な処置を講じることを必要とします。


This includes identifying and mitigating illicit financing risks associated with new products or business practices, and other activities not explicitly referred to in the FATF Recommendations.

これには、新商品やビジネス手法、およびFATF勧告で明示的に言及されていないその他活動に関連する、違法な資金供与リスクの特定と軽減を含みます。


Given the urgent need for an effective global, risk-based response to the AML/CFT risks associated with virtual asset financial activities, the FATF has adopted changes to the FATF Recommendations and Glossary that clarify how the Recommendations apply in the case of financial activities involving virtual assets.

暗号資産の金融活動に関連したAML/CFT(アンチマネーロンダリング/テロ資金供与対策)のリスクに対する、国際的でリスクベースである効果的な対応の緊急の必要性を踏まえ、FATFは勧告と用語集について、暗号資産を含む金融活動へ勧告をどのように適用するかを明確化する変更を採択しました。


These changes add to the Glossary new definitions of “virtual assets” and “virtual asset service providers” – such as exchanges, certain types of wallet providers, and providers of financial services for Initial Coin Offerings (ICOs).

これらの変更では、"暗号資産"、そして例えば取引所や特定の種類のウォレット提供者、そしてInitial Coin Offerings(ICO)の金融サービス提供者である"仮想資産サービス提供者"の新しい定義を用語集に加えました。


These changes make clear that jurisdictions should ensure that virtual asset service providers are subject to AML/CFT regulations, for example conducting customer due diligence including ongoing monitoring, record-keeping, and reporting of suspicious transactions.

これらの変更は、国や地域は、仮想資産サービス提供者が、例えば顧客デューデリジェンス(顧客等の本人確認、属性の認定、確認および精査)、継続的な監視、記録の保持、疑わしい取引の報告といった、AML/CFT 規制に従っていることを担保すべきであることを明確にしました。


They should be licensed or registered and subject to monitoring to ensure compliance.

事業者らは認可または登録され、コンプライアンスの担保のために監視下に置かれるべきです。


The FATF will further elaborate on how these requirements should be applied in relation to virtual assets.

FATFは更に、仮想資産との関係の中で、どのようにこれらの要件が適用されるべきか、詳細に説明しています。


All jurisdictions should urgently take legal and practical steps to prevent the misuse of virtual assets.

すべての国と地域は、仮想資産の誤用を防ぐため、法的かつ実践的な手続きを緊急に講じるべきです。


This includes assessing and understanding the risks associated with virtual assets in their jurisdictions, applying risk-based AML/CFT regulations to virtual asset service providers and identifying effective systems to conduct risk-based monitoring or supervision of virtual asset service providers.

これには、国や地域内の仮想資産に関連するリスクを理解し評価すること、仮想資産サービス提供者にリスクベースの AML/CFT 規制を適用すること、仮想資産サービス提供者にリスクベースの監視または監督を行う効果的なシステムを特定することが含まれます。


Some jurisdictions already regulate virtual asset activity in accordance with the 2015 guidance.

いくつかの国や地域では、すでに2015年の指針に従って仮想資産の活動を規制しています。


Today’s clarifications to the FATF Standards are largely compatible with their existing regulatory requirements.

今日のFATF基準に対する明確化は、大部分が既存の規制の要件と互換性があります。


The FATF emphasises that jurisdictions have flexibility to decide under which AML/CFT category of regulated activities virtual asset service providers should be regulated, e.g. as financial institutions, DNFBPs, or as another, distinctive category.

FATFは、国や地域が、仮想資産サービス提供者が金融機関、職業専⾨家(DNFBPs)、または別の特有のカテゴリーなどのいずれの AML/CFT 規制カテゴリの下で規制されるべきかを決定する柔軟性を有することを強調します。


The FATF uses the term “virtual asset” to refer to digital representations of value that can be digitally traded or transferred and can be used for payment or investment purposes, including digital representations of value that function as a medium of exchange, a unit of account, and/or a store of value.

FATFは、貨幣、計算単位、および/あるいは価値の貯蔵として機能する電子的な価値の表現を含む、電子的に交換または移転可能であり、支払いまたは投資目的で使用できる電子的な価値の表現を指すために、"仮想資産"という用語を使用します。


The FATF emphasises that virtual assets are distinct from fiat currency (a.k.a. “real currency,” “real money,” or “national currency”), which is the money of a country that is designated as its legal tender.

FATFは仮想資産は、法定通貨として指定されれている法貨である(「現実通貨」や「現実のお金」、「国家の通貨」として知られる)不換通貨とは異なるものであることを強調します。


The FATF Recommendations require monitoring or supervision only for the purposes of AML/CFT, and do not imply that virtual asset service providers are (or should be) subject to stability or consumer/investor protection safeguards, nor do they imply any consumer or investor protection safeguards.

FATF勧告は、モニタリングまたは監督をAML/CFTの目的だけに要求するものであり、消費者や投資家保護の保護規定を意味するものではなく、仮想資産サービス提供者が安定性や消費者・投資家保護の規定の下にある(あるいはあるべき)ということも意味しません。


At this time, virtual asset service providers in most jurisdictions are not regulated for the purposes of financial stability or for investor and consumer protection.

現時点では、ほとんどの国や地域で仮想資産サービス提供者は、財務上の安定や投資家と消費者保護の目的には規制されていません。


The FATF Standards permit jurisdictions to prohibit certain activities based on risk and scope in that jurisdiction (e.g. casinos, in jurisdictions where gambling is illegal) and, provided the prohibition is enforced, does not require jurisdictions to have measures to regulate those prohibited activities.

FATF基準では、国や地域が特定の行為をリスクと範囲に基づき禁止(ギャンブルが違法な国や地域におけるカジノなど)することを許容しており、また、禁止が強制されているならば、禁止された行為を規制する法律を用意する必要はありません。


Some countries may decide to prohibit virtual assets based on their own assessment of risk.

いくらかの国は、彼らのリスク評価に基づいて仮想資産を禁止することを選ぶかもしれません。


The FATF will provide clarification to jurisdictions in managing the ML and TF risks of virtual assets, while creating a sound AML/CFT regulatory environment in which companies are free to innovate.

FATFは、企業が自由に革新できるような適切なAML/CFT規制環境を作る一方で、国や地域に対して仮想資産のマネーロンダリングとテロ資金供与リスクの管理について説明を提供します。


As part of a staged approach, the FATF will prepare updated guidance on a risk-based approach to regulating virtual asset service providers, including their supervision and monitoring; and guidance for operational and law enforcement authorities on identifying and investigating illicit activity involving virtual assets.

段階的アプローチの一環として、仮想資産サービス提供者に対する、監督や監視を含むリスクベースアプローチに基づく規制と、仮想資産に関わる違法行為の特定と調査についての運用上と司法当局への最新の指針を準備します。


In light of the rapid development of the range of financial functions served by virtual assets, the FATF will also review the scope of activities and operations covered in the amended Recommendations and Glossary in the next 12 months and consider whether further updates are necessary to ensure the FATF Standards stay relevant.

仮想資産によって提供される金融機能の範囲の急速な発達を踏まえ、FATFはまた、修正された勧告と用語集に含まれる活動および業務の範囲について今後12ヶ月で見直し、FATF基準を適切に保つために、さらに更新が必要かどうか検討します。