キーノートセッション: 従来型マネー、その仮想通貨への転換 #bbtokyo2018

Passportでは、市場は長期的な世俗的傾向の良いディスカウンターではないと考えています。特に歴史的前例がないときはそうです。加えて現実的にリターンを生み出すためには、かつてなかったことのないことに投資する必要があります。ブロックチェーン技術は、世界経済の大半に影響を与えるそのような革新的進歩の1つです。私たちが注目しているブロックチェーン / 暗号通貨資産クラスの重要事項はセキュリティ トークンで、このトークンはほとんど無制限のプライベート資産で、取り引きを高速化し流動性を促進する可能性があります。

  • John Burbank, Founder & Chief Investment Officer, Passport Capital

キーノートセッション: 従来型マネー、その仮想通貨への転換

f:id:niwatako:20180404161154j:plain

テクノロジーがどうなっていくかグローバル投資家は考えている。

マイクロトレンドはどういうものを考えているかというと、これまで余り変化を遂げなかったセクター、インターネットは24年目になるわけですが、変動のなかったところで大きな変化があると考えています。

f:id:niwatako:20180404161308j:plain

ファイナンス以外に、同じ規模の市場というのは余りありません。時間を書けて計算しましたが、こうなりました。

テクノロジのブレイクスルーは今後起きるという結論に至りました。

金融機関はこれを受け入れなければなりません。受け入れなければ市場についていけないということになります。

ヘルスケアがアメリカでは一番大きな市場です。

導入はかなり時間がかかるでしょう。数年前と比べたらこういうことは考えなかったと思います。輸送業界の車は自動運転になります。シリコンバレーにKaterraという家を建てるスタートアップがあります。アマゾンになろうとしています。クオリティを維持したままの建築ができる。

この変化が建築業界では起きる。AI、人工知能、機械がソフトを書くようになっていく。

こういう前置きを何故しているかというと、機関投資家は、お金、人のお金を扱う人たちなので責任があります。色々慎重にやっていかなければなりません。しかし、こういうことが大きなセクターで起きているわけです。暗号通貨もこの一つです。

これは避けて通れない道です。

f:id:niwatako:20180404161630j:plain

2つのセクターがあります。Genomics

GreenがMooreの試算に基づいている。黄色が実際のコスト。

計算がどんどん早くなって来た。暗号通貨でも同じような減少が起きていますよね。受け入れられれば受け入れられるほど、金融機関はついていかなくてはいけなくなる

f:id:niwatako:20180404161758j:plain

これは自動運転

ドイツ、アメリカにチェックマークがついています。それについての法律が導入されるということです。

ブロックチェーンも同じような動きですよね。

ポイントは、このスペースは例外ではないわけです。

資金やこれまでやってきた投資の結果なんです。それがグローバル化した結果が金融業界で現れているわけです。なれるのに金融業界の人は時間がかかると思いますが、機関投資家に避けて通ろうとしている人も中にはいます。きちんとしたスケールでこれらは展開が進んでいません。

f:id:niwatako:20180404161941j:plain

自動で走る車なんて数年前はなかった。でももう身近まで来ましたね。

これについていろいろな変化、の中でこれを考えるとどう思うかというと、暗号通貨に携わる投資家はこれらのセクタにどんどん入ってきているわけです。

GenomeSequenceを確認することができます

個人個人のニーズに合ったサービスがいろいろでてきています。それがもっと大きなシステムに5年でなっていく、ここ20年でブロックチェーンの発展が金融のプロからするとショッキングな発展を遂げているわけです。これがいずれは来るというふうに、予測できるものだったが予測できなかった。

Ethereumも予測できなかった投資家が多いです。ビットコインの価格も。

金融のプロから見ると、証券としてみなされ、それはどういう意味かというと成長型の、財産であると認められ、市場と何らかの形でつながっている。

急激に伸びるものはバブルだとずっと見てきたが、別の見方を撮らなければなりません。

私が見るうと、アダプションカーブをみなければいけないわけで、何がエンドシステム化をみなければならないわけですけれども、どのヘルスケア、輸送、ファイナンス、建築、どれもレガシーシステムを使っているわけですが、重要な暗号通貨のアダプション曲線を見て、回帰したり直線として動くのですが、これらは証券ではありません。どういう道を辿っていくか、まだまだ時間がかかりますが。

テクノロジプラットフォームについて言えることは

f:id:niwatako:20180404162408j:plain

メインフレームは覚えていませんがクライアント・サーバーは覚えています。クラウドSaaSの時代が来るとは検討もつきませんでした。

これからは暗号通貨、びっくりするような時代に入っていくわけです。

f:id:niwatako:20180404162455j:plain

私はグローバル投資家として、ここまで来たわけですが、ここまでグローバル化してきたわけですが、中国が暗号通貨をシャットダウンしてもシャットダウンできないのがこの市場なんです。グローバル化が50年ぐらい起きているので、シャットダウンしようとしてできるものではありません。

f:id:niwatako:20180404162552j:plain

データについて見ていきましょう

ここに書いている以上の額になると思いますが、3000億ドル、不動産が228兆、

f:id:niwatako:20180404162629j:plain

暗号通貨を使っているヘッジファンド

32億ぐらい入っている。今年の初めは多く入っていましたがかなり落ちました。

これはとにかくとても小さな数字です。大きな変化は去年来たわけですね。その時に人気を博したわけです。

これまでは32兆でしたが

f:id:niwatako:20180404162722j:plain

35か40ぐらいしかいなかったわけです。167もあったのに。

でも当局、規制がどういう形で縛りができてくるかわからないので、日本が規制が一番クリアになっていると思いますが、2つ目、資格を持ったカストリアン、管理人がいません。そして3つ目、この財産を扱いたい銀行がなかなかいない。トレーディングがなぜ利ざやがあまりにも高額なのか、機関として認められていないので扱いにくい、投資家とかは買うあるいは見つけるためのデータベースにまとめる金融機関が今はない。

これに関してはいくつかソリューションがでている

f:id:niwatako:20180404162858j:plain

t0、次のスピーカーですけれども、にはいくつかでています。

これらが全部きちんとしたソリューションを出しているわけではなくて、ソリューションを出しているところがこの中にいたりするということです。

私達の会社でもこれらをどのように機関投資家のために使うのが良いかを毎日考えています。

f:id:niwatako:20180404162959j:plain

機関投資家にどのような物があるか

個人の投資家がリスクを分散できるようにした商品です。

ヘッジファンドを始めた時、20個ほどの一つがこれなのですが、これを作ったわけは、ICOの資金調達する会社のためにこれを作りました。これが機関投資家にとってのソリューションの一つです。エコシステムについて、それを知っていることも重要です、マーケットメイカーについて理解することも重要です。賢いメイカーを使うこと、利ざやが大きいのでどう扱うかを理解できたマーケットメイカーも必要です。投資家はもっと理解、時間が必要と言ってきているのでそれに対するソリューションを提供するスタートアップが出てくるでしょう。

f:id:niwatako:20180404163151j:plain

ミレニアル、他の人達からも、希望される商品なので投資を始めています。

他にも分散型のプラットフォームがあります。非効率な、高くつく仲介業者を省くソリューションもでてきています。

他にも情報を一元管理してそれを逆手に取って事業を展開するFacebookなどもあります。 SECはユーティリティトークンに手こずっています。

セキュリティトークンはBTC上場以降より注意が向けられるようになりました

t0、彼がこの分野においては第一人者の一人です

f:id:niwatako:20180404163319j:plain

市場はいつ変わるかというと

f:id:niwatako:20180404163339j:plain

安くできる時、早く流動性がある時、企業がああまり買わないと分かったら資金が投入されて変わる、セキュリティトークンが安くなってくれば変わります。エコシステムですが、参加者の間で、市場参入車の間で情報が取引されるスピードが早くなってきています。新しいものが市場に入るとプライシングモデルが変わります。セキュリティトークンは効率を劇的に変えます。

f:id:niwatako:20180404163457j:plain

これが一番大きいアセットバリューを持ったものだと思います。

Liquidity Premium

これが高額な市場になるわけです。

高額になるほどLiquidityが高くなるほどPriceが下がる、摩擦がないほどアセットプライスが高くなる 不動産なんかは、これで証券化できます。

デジタルの時代ではこれがやりやすくなっていくんだと思っています。

f:id:niwatako:20180404163608j:plain

これまで言及した市場より、世界で一番のアメリカのウォーレンバフェット、94歳ですが、暗号通貨のバブルが来ると言っています。とても裕福で頭が切れます。もうひとり、ビル、18歳、私のオフィスで働いています、1万時間クリプトに費やしますかというとすぐに答えられないでしょう。でも18歳のこの人はものすごい知識を持っています。(彼なのか私なのか?)機関投資家は誰かを追っています。技術は革新していく時代です。