寄付窓口はこちら

政策・法律・規制

【情報をお寄せください】日本国内における仮想通貨カストディ(秘密鍵または仮想通貨を預かる事業者)のリスト作成について(カストディ規制に向けて)

皆様からお寄せいただいた情報で作成する 日本国内における仮想通貨カストディ(秘密鍵を預かる事業者、または、事業者の秘密鍵に仮想通貨を預かる事業者)のリスト を作成しました。 docs.google.com 新たに規制対象となるカストディについて、適切な規制に…

暗号資産の規制と国際協力の必要性 | 2018年度フィンテック研究フォーラム公開シンポジウム

www.carf.e.u-tokyo.ac.jp 岩下直行(京都大学公共政策大学院教授) 京都大学の岩下でございます。先程松尾参事官がお話くださった総論の最後のところにございました、「仮想通貨」ではなく、「暗号資産」。国会でも安倍総理大臣が「国際的潮流に鑑みて暗号…

金融庁のデジタライゼーション戦略 ―横断法制と仮想通貨の新しい規制の方向性― | 2018年度フィンテック研究フォーラム公開シンポジウム

2019.03.11 www.carf.e.u-tokyo.ac.jp 金融庁市場局参事官の松尾です。 銀行周りの法制と保険周りの法制とフィンテックを担当しています。 いま植田先生からお話があったあたりを簡単に、金融庁が考えていることをご説明できればと思います。 いままでデジタ…

冒頭挨拶 | 2018年度フィンテック研究フォーラム公開シンポジウム

2019.03.11 www.carf.e.u-tokyo.ac.jp CARF センター長 植田 皆さんお忙しいところお集まりいただきありがとうございます。 フィンテック研究フォーラムは2年半ほど前からはじめ、成果を上げつつあります。 毎月の研究会も、月一度より高頻度で開かれ様々な…

仮想通貨ウォレットの実態調査と、資金決済法改正案、そしてMonappy事件について

概要 資金決済法の改正案が閣議決定され、仮想通貨カストディが仮想通貨交換業規制の対象に含まれる方針です。 一方、規制当局を含め、カストディの実態や応用の可能性に対する理解は十分進んでいない状況にあります。 こうしたなかで、実態に伴わない規制が…

【対訳】 FATF 公式声明 - 仮想資産によるリスクの軽減(Public Statement – Mitigating Risks from Virtual Assets)

マネー・ロンダリング・テロ資金供与対策における国際協調を推進するため設立された政府間機関であるFATFは、2018年10月に勧告を改定し、仮想資産サービス提供者がAML/CFT規制に従うべきであるとしました。 niwatako.hatenablog.jp そして、2019年2月に「仮…

仮想通貨に関する法律(規制)の整理 2018年時点

規制の全体像を把握するため、現時点の仮想通貨・仮想通貨交換業関連法をまとめる。今年は改正があるかもしれないので、この記事を見た方には、2018年時点の話だと思ってほしい。 現行の仮想通貨に関する法律・政令・府令 平成28年3月4日に、金融庁から国会…

AML/CFTのための具体的規制・業務内容とは?犯罪収益移転防止法の概要要約

AML/CFT対策の本人確認や取引時確認、疑わしい取引の届け出と行ったものが、一体どのように法で定められているのか、あるいはどのように運用するものなのかについて知るために、警察庁刑事局組織犯罪対策部組織犯罪対策企画課犯罪収益移転防止対策室による犯…

仮想通貨交換業等に関する研究会 第9回 ウォレット(カストディ)業規制についての言及まとめ

傍聴していなかった第9回について、議事録が公開されたので発言をまとめました 資料より抜粋 ウォレット業務は、顧客の支払・決済手段を管理し、当該支払・決済手段を顧客が指定する者に移転させる行為を行うものであり、以下の点を踏まえると、決済に関連す…

仮想通貨カストディ(ウォレット)業の規制動向まとめと僕の考えるカストディ規制の留意点

金融庁の「仮想通貨交換業等に関する研究会」の報告書が先日公表され、仮想通貨カストディ(ウォレット)を業として規制する方針が盛り込まれました。 そこで、カストディの規制が求められた背景から、「仮想通貨交換業等に関する研究会」で検討が行われ、その…

「仮想通貨交換業等に関する研究会」報告書について 第11回報告書(案)との差分

2018年12月21日に「仮想通貨交換業等に関する研究会」の報告書が公表されました。 「仮想通貨交換業等に関する研究会」報告書の公表について そこで第11回で扱われた 報告書(案) との主な差分を抽出しました(細かい差分は除き、趣旨に変更・追加があった…

【聞き起こし】「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第11回)

資料は金融庁ホームページよりダウンロード可能です 「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第11回)議事次第 報告書(案) 神田座長 定刻になりましたので始めさせていただきます。 仮想通貨交換業等に関する研究会第11回を開催します。 本日は、諸問題につ…

【聞き起こし】「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第10回)

会場のスピーカーの音量が小さく、発言の聞き取りが極めて困難でしたので、次回はぜひ音量を上げていただきたいと思います。 発言中、聞き取れなかった箇所は xxx 等で記しています。また、発言者を記載していますが、指名を聞き取れなかったケースがほとん…

創る人の時代へ:日本のレギュレーション概観 #nodetokyo Day1-4

本日スーツでネクタイなの私だけですがこの跡金融庁に行かなければならず、このような恰好なのをお許しいただければと思います。 前提として知っておいていただきたい予想される今後の規制の方向性 仮想通貨、暗号資産と呼ばれるものは金融規制がかかってく…

【抜粋・対訳】FATF勧告(2018.10) The FATF Recommendations

Documents - Financial Action Task Force (FATF) 2018年10月付のThe FATF Recommendationsから Virtual Assetsに関する部分を抜粋して対訳を付けました。 THE FATF RECOMMENDATIONS FATF 勧告 Recommendations 15. New technologies Countries and financia…

【抜粋・対訳】2018/10/17-19 FATF総会の成果 (Outcomes FATF Plenary, 17-19 October 2018)

Documents - Financial Action Task Force (FATF) Virtual Assetsに言及している部分だけ抜粋・対訳を付けました。 【抜粋・対訳】2018/10/17-19 FATF総会の成果 (Outcomes FATF Plenary, 17-19 October 2018) Outcomes FATF Plenary, 17-19 October 2018 20…

【対訳】FATF勧告 - 仮想資産の規制 (FATF Recommendations Regulation of virtual assets) 2018/10/19

Documents - Financial Action Task Force (FATF) 対訳 Paris, France, 19 October 2018 - Virtual assets and related financial services have the potential to spur financial innovation and efficiency and improve financial inclusion, but they als…

規制と税制が日本の暗号通貨業界に与える影響 #HashHub2018 05

hhc2018.peatix.com 参加した聞き起こしレポートです。 規制と税制が日本の暗号通貨業界に与える影響 司会 後藤あつし パネリスト 長瀨威志 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所) 斎藤創 (創法律事務所) 柿澤仁 (ブロックチェーン会計士) 沼澤健人 (Aerial …